危険な韓国 親中・反日外交の末路は中韓軍事同盟 - 時事ニュース 想想


危険な韓国 親中・反日外交の末路は中韓軍事同盟

先日、「日本との戦争を想定する「危ない国」韓国」という記事を書きましたが、韓国朴槿惠政権の親中・反日外交の末路は<中韓軍事同盟>になりそうですから、竹島を巡っての日韓紛争、そして、中国の尖閣侵略の手先として日本と一戦交える可能性はゼロとは言えないと思います。

韓国は李氏朝鮮までの2000年間、漢民族国家の属国として、朝貢していたわけですから、100年経って元の鞘に納まっても不思議では有りません。

しかし、中国は軍事国家であり、独裁的な侵略国家です。ウイグルやチベットを侵略し、植民地化しています。

歴史のねつ造仲間として(笑)、中韓が「類は友を呼ぶ」で仲良しになるのは自然の流れかもしれませんが、韓国は朝鮮戦争時に中共と交戦したわけで、しかも、朝鮮戦争は休戦中で、終結していないわけですから、<中韓軍事同盟>となると、中韓・北できわめて奇妙な関係になりますね。

韓国としては、北が怖い、北に影響力のある中国に歩み寄っていこう、という外交戦略のようですが、まさか中国が日本のように優しい国だと思ってませんよね?北が脅してきたら、中国が仲介してくれそうですか??

お世話になった米国を軽視していませんか?一番世話になった日本に対してすら、後ろ足で砂をかけるような国ですから、道義などというものはないのでしょうけどね。

民主国家である韓国が、独裁軍事国家である中国に歩み寄りその傘下に入ろうとすることは、自己破綻です。

韓国のやることに、日本は口を挟む必要はありませんが、韓国国民は、単に「反日」という共通項で<中韓軍事同盟>になっても平気なのでしょうか?

経済音痴の朴槿惠大統領で、韓国のかじ取りは大丈夫なのでしょうか。反日発言で国民の機嫌取りしているのでは、前大統領と一緒です。

いや、この大統領は、機嫌取りというような表面上ではなく、本当に反日大統領なのだと感じます。

千年経っても被害者意識を持ち続けるというのは、なんという陰険で後ろ向きな発言でしょうか。指導者の言う言葉でしょうか?

経済も崩壊寸前ですし、外交の方向も危険な道を歩んでいますから、韓国は、北朝鮮同様、日本にとって厄介な国になりそうです。

日本は、国益を損なわないように、中韓とは、適度な距離を置いて付き合う必要がありそうです。

とはいえ、終戦記念日には、安倍首相は、堂々と靖国参拝を行ってほしいものです。

ランキングの応援クリック、およびリンクなどで、情報の拡散をよろしくお願いいたします。(当方、リンクフリーです。)

にほんブログ村 ニュースブログへ

人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
靖国問題も日本が飴を中韓に与えていると言う事を日本の政治家には認識して欲しい。参拝しないから相手国のカードとなり言われ続ける。
Posted by そもそも at 2013.11.12 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


Copyright © 時事ニュース 想想 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。