韓国(蛮国)とは距離を置け - 時事ニュース 想想


韓国(蛮国)とは距離を置け

最近は、K-POPブームも一段落したようで、テレビで毎日のように韓国人を見なくて済んでホッとしています。

K-POPブーム以降、似たようなグループが山ほど日本上陸してきて、どの女性も整形美女ばかりで似たり寄ったりの顔をしているので、うんざりしていたところです。

韓国という国の非常識は、日本大使館前に、不法に慰安婦像を設置したことに象徴されています。彼らの根底にある信念は、正しいと信じることであれば、何をしても許されるという考えです。

しかも、多くは、正しいと彼らが勝手に信じているだけのことです。日本のかつての過激派グループと同じような思考構造ですね。

このような歪んだ思考構造は、何度も他国に領土を蹂躙されてきた韓国の長い不幸な歴史に由来しているのかもしれません。同情の余地はありますが、国際社会で幼稚な信念を振り回す韓国人とは、一定の距離を持って付き合っていくのが日本の正しい道ではないでしょうか。

強国中国に対しても同様です。辛抱強くしていれば、中国も韓国も図に乗って色々と不合理な要求をしてきます。

韓国や中国とは、一定の距離を保って、ドライに付き合っていく必要があります。

そんな国に親近感を抱くような音楽やドラマは、積極的に日本に流入させる必要はありません。文化的な交流を禁止するのは馬鹿げていますが、あえて友好関係を深めたり、積極的な文化交流を図る必要もないでしょう。

尖閣諸島は、一刻も早く国有化して、自衛隊を駐留させるべきだし、日本を侮辱する慰安婦の像は、韓国政府に直ちに撤去要請すべきです。大統領選の関係で人気取りに必死の大統領ですから、撤去は不可能ですが、日本政府はもっと声を大にして撤去要請すべき。

竹島も、先に不法占拠しておきながら、不法占拠という恥知らずな蛮行を隠すために、韓国国内で歴史を捻じ曲げても竹島は韓国領土だというキャンぺーンや教育活動で正当化している。

竹島は、韓国に事実上占拠されているのだから、取り返すには、戦争を仕掛けるしかない。しかし、竹島にはそれほどの価値はないので、一刻も早く、国際法廷や国連総会で正しい法的結論を出してもらい、韓国に日本領土から静かに出て行ってもらうしかない。

原爆を2個も落とされ、一般市民を何十万人虐殺されても、そんな国とも、不満も言わず仲良くできるという、日本人の寛大さや人の良さはある意味素晴らしい国民性だとは思いますが、蛮国相手では、付け入られるだけです。

さらに、中国の場合は、ヘタをすると、その軍事力や人口のパワーで、遠い将来、日本が中国の属国化してしまう可能性がないとはいえません。

厄介な国家は北朝鮮だけではありません。中国や韓国とうまく渡り合っていく「賢い外交」が求められます。とりあえず、二国には距離を置きながら、顔色を窺うような軟弱な姿勢ではなく、断固とした政治的対応を期待したいものです。



にほんブログ村 ニュースブログへ

人気ブログランキングへ

慰安婦問題で日本を貶めようとしているのは、実は韓国以上に中国なんですね。
 


タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


Copyright © 時事ニュース 想想 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。